前へ
次へ

チークのお悩み解決し上手に使いこなすテクニックとは

チークはいろいろな肌悩みを解決してくれる優れものなのですが、上手に使いこなせている人は少なかったりします。そのうち、自分のメイクの中からチークは除外されてしまっているという人も多いのではないでしょうか。まず、チークは肌となじませて一体化させることが大切です。チークは使いこなしやすい練りタイプを使って、何もついていない薬指を使い外側から先になじませていくのがポイントになります。外側から内側に向かってトントンとしていくと変にチークが浮いたりしないでしょう。チークの濃さの目安は、洗顔後、何もついていない肌を指先で軽くくるくるとプッシュし離した後の肌の血色になります。目安に合わせてなじませていくといいでしょう。また、濃くなりすぎても、練りタイプなら上からファンデーションを指でトントンと重ねるだけで調整できますよ。ただし、練りチークは塗りっぱなしにしておくと落ちやすいものもあるので注意が必要です。そのため、仕上げにはルースパウダーをひと刷毛すると持ちがグーンとアップします。チークをつけた部分よりもひとまわり披露目にブラシでふわっと重ねるといいでしょう。ただし、しわっぽくなりやすい目頭の下にルースパウダーをつけないように気を付けるようにします。

Page Top