前へ
次へ

食物繊維が不足しがちな生活習慣の人は

便秘がち、肌が荒れやすい、ぐっすりと眠ることができない人は、食物繊維が足りていないひとがほとんどです。ワーキングウーマンのおよそ95パーセントは一日当たり4gほど平均して食物繊維が足りていないとされています。食物繊維をとるために、積極的に野菜をたくさん食べている人は多いです。しかし、サラダを食べているだけでは、全然足りていません。もともと、食物繊維というのは、野菜や果物をつぶしたり、絞ったりしたときに出るカスの部分です。そのため、葉野菜よりも根菜や豆類、イモ類や海藻類などに多く含まれています。これらの食品や精製度の低い穀類を食べる機会が減ってきていることが、食物繊維が足りていない原因です。上手な摂取の仕方は、オリゴ糖と一緒に食べることです。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、腸内環境が整います。サツマイモとオリゴ糖あるいはハチミツという組み合わせがおすすめです。ほかにも、サラダで葉物野菜をとるときは、豆類や海藻も一緒にとることが大事になります。

Page Top